この記事では

コーヒーがぬるくなってしまう原因
ぬるくなったコーヒーの温め方

を解説します。

コーヒーをおいしく淹れるコツ

コーヒーをおいしく淹れるためにはコツがあります。

まずは準備です。 フィルターの片側の横と下部分は互い違いに折りたたみます。こうすることでフィルターがドリッパーに密着します。

お湯の温度は90℃程度です。

沸騰したてのお湯はコーヒーの成分をしっかりと抽出できますが、おいしい成分だけでなく苦味など雑味を感じさせる成分も出てしまいます。

そのため、お湯が沸騰したら別のポットなどに移し替えて少し冷まします。

コーヒー豆の量は1杯あたり計量スプーン1杯が目安です。好みによって調整します。 最初にコーヒー豆全体にお湯が行きわたるようにお湯を少量注ぎ、30秒ほど待って豆を蒸らします。

その後、ドリッパーの中心に円を描くように少しずつお湯を注ぎます。ドリッパーにコーヒー豆の土手ができますが、これを崩さないようにお湯を注ぐことがポイントです。

最後少しだけドリッパーにお湯が残っている状態で取り外します。最後の部分は雑味が残っているからです。

コーヒーがぬるくなってしまう原因

コーヒーがぬるくなってしまう原因はいくつかあります。

コーヒーを淹れる際、使用するカップはあらかじめ温めておきます。

沸騰したお湯を注いで温め、そのお湯を捨ててからコーヒーを淹れます。

このひと手間がおいしく淹れるためのコツです。

カップを温めておかないと、抽出したアツアツのコーヒーがカップの冷たさによって冷めてしまいます。

コーヒーを抽出する際には90℃程度のお湯を使用することが理想で、少し冷ますために別のポットに移し替えます。

別のポットに移し替えて、しばらく時間を置いてしまうと、お湯が冷めすぎてしまいます。

冷めたお湯ではおいしくコーヒーを淹れることはできないし、飲んだときにぬるいです。 熱いコーヒーを飲むとやけどしてしまうので、少し時間をおいて冷ましてから飲む方もいるはずです。

しかし、冷ますために放置しすぎると冷めすぎてしまい、ぬるくなります。

特に冬場は室温が低いため、コーヒーを室内に放置しているとすぐにぬるくなってしまいます。

コーヒーの淹れ方に工夫をしてみる

コーヒーがぬるいと感じるなら、淹れ方を見直してみましょう。

抽出時間が長くなると、それだけ最初に抽出されたコーヒーを放置する時間が長くなり、コーヒーが冷めてきてしまいます。

ぬるくならないようにするためには、抽出時間を短くすることがポイントです。

最初に少量のお湯をコーヒー豆全体に注いで30秒ほど待ちます。

この蒸らしによってコーヒーの成分が抽出されやすくなるので、抽出時間を短くしたくても、この工程は省かないようにしましょう。

蒸らしたらドリッパーの中心に少しずつお湯を注ぎます。ゆっくり作業を行っているとコーヒーが冷めてきてしまうので、手早く行いましょう。

しかし、急いでいるからといってお湯を大量に注いでしまうと、ドリッパーにへばりつくようにできたコーヒー豆の土手が壊れてしまうので注意が必要です。

素早く作業を行いながらも、土手を崩さないようにすることがポイントです。

一度に入れるコーヒーの量を少なくすることでも、抽出時間を短くできます。

やってはいけないコーヒーの温め方

一度冷めてしまったコーヒーはぬるくておいしくありません。

そんなときには温め直すことでおいしく飲めるようになります。

しかし、温め方によっては淹れたてのようなおいしさがなくなってしまうので、温め方に注意が必要です。

おすすめできない方法はガスの直火で温める方法です。

コーヒーの香りは高温になることで壊れてしまいます。

コーヒーがおいしいのは味だけの問題ではなく、香りを感じられるからです。

香りが抜けたコーヒーではおいしくありません。

直火は高温になりやすく、とくに鍋底の火に接している部分はかなりの高温です。

また、高温になることでコーヒーに含まれる成分が焦げ付き、焦げた香りがついてしまったり、焦げの味を感じるようになります。

これでは、コーヒーの繊細な味が損なわれてしまいます。

簡単な温め方ですが、おいしく飲みたいときにはおすすめできない方法です。

少し手間がかかっても、おいしく飲みたいときには他の方法で温めるようにしましょう。

おすすめのぬるくなったコーヒーの温め方

おすすめの温め方は湯煎です。

湯煎ならコーヒーの香りが壊れてしまう90度を超えることがなく、焦げ付きもありません。

まず鍋でお湯を沸かします。サーバーを入れられる大きさの鍋を使ってください。

湯が沸騰をしたら火を止めて、サーバーを鍋の中にそのまま入れます。1分ほどおいたらサーバーを取り出して温度を確認します。

ちょうどよい温度なら温めたカップに注ぎます。

カップが冷たいとせっかくコーヒーを温め直したのに、カップによって冷まされてしまうので、カップにお湯を注いで温めておきましょう。

湯煎をしてもまだぬるいと感じるようなら、もう一度お湯を沸騰させて湯煎にかけます。 缶コーヒーも湯煎で温め直すことができ、この場合はお湯の中に直接缶を入れます。

時間がないとき、もっと手早く温めたいときには、電子レジンを使います。

コーヒーをカップに移し替え、500Wの電子レンジの弱で1分ほど温めます。高温になるとコーヒーの香りが飛んでしまうので、温め時間に注意をしてください。