絶対におすすめしないコーヒーの飲み方を紹介します!

コーヒーはおいしい飲み物です。また、コーヒーに含まれるカフェインは、仕事や勉強に集中したい、眠気覚ましたいときには、とても効果的です。

「コーヒーの飲み方」で検索してみると、「コーヒーのおいしい飲み方」ばかり紹介されていました。

コーヒーを嗜好品たらしめ、覚醒作用のもとになっているのが、コーヒーに含まれるカフェインです。ただし、摂取量に気をつけて取らないと、身体に害をもたらします。

本記事では、そうならないために、絶対におすすめできないコーヒーの飲み方をご紹介します。

コーヒーとかき氷を一緒に食べるのはおすすめしない!

かき氷とコーヒーを一緒に食べるのはやめておきましょう!

なぜなら、とてもマズく感じるからです!コーヒーはコーヒーだけで、かき氷はかき氷だけを食べましょう。

ちなみに、画像は鹿児島名物の「しろくま」です。やっぱり、おいしい「しろくま」にコーヒーを合わせて食べてもおいしくありませんでしたっ!


ブラックコーヒーに眠眠打破を入れて飲むのはおすすめしない!

ブラックコーヒーに「眠眠打破」を混ぜて飲むのはやめましょう!

徹夜で勉強しないといけないときって、どうしてもありますよね?

こういうときって、カフェインを摂るためにブッラクコーヒー飲んだり、「眠眠打破」のようなドリンク剤を飲んで、眠気を覚ましたりします。

でも、コーヒーと「眠眠打破」を混ぜて飲むのだけはやめておきましょう。

ほんとうに、クソまずいので、おすすめしません。

朝に缶コーヒーを飲むのはおすすめしない!

朝に缶コーヒーを飲んだりしますか?

朝に缶コーヒーを飲むのはおすすめしません。なぜなら、午後から急激にだるくなって、仕事や勉強に集中できなくなるからです。

それに、缶コーヒーには砂糖が入っています。「微糖」と記載されていても、自社のコーヒーが他社と比べて、糖分が少なめってことだけです。

たとえ、「微糖」であっても、砂糖スティックが、3本分入っているという場合もあるので注意が必要です。

リポビタンDとコーヒーを合わせて飲むのはおすすめしない!

死ぬほどおすすめしないコーヒーの飲み方がこれ。

コーヒーとリポビタンDを飲むと、食欲を抑えられます。ですが、これ、確実に胃腸をぶち壊すことにより、強制的に食欲を抑えられるだけなので、おすすめしません。

それに、この方法はそのうちドクターストップを喰らいます。

ほんと、死ぬほどおすすめしないというか、継続していると、死にますね。

レッドブルとコーヒーを混ぜて飲むのはおすすめしない!

コーヒーとレッドブルも、リポビタンD同様に混ぜておすすめしません。

瞬発的な覚醒作用を得たとしても、継続して摂取していると、そのうち身体を壊してしまいます。それに、吐きます。

大量のカフェインの継続摂取も、そのうち耐性がついてきますので、効かなくなってくるからおすすめしません。

眠くなったら、手や太ももをつねりましょう。

徹夜しないといけないときでも、継続してカフェインを摂らないように気をつけましょう。

今回は、絶対におすすめしないコーヒーの飲み方をご紹介しました。コーヒーに含まれるカフェインは、仕事や勉強に集中したい、眠気覚ましたいときには、とても効果的です。

大量のカフェイン摂取には注意しましょう。