私のバイブルとなりつつある本を紹介します。

それがこの本「DIYでコーヒーを楽しむ本」です。

この表紙にある「ドリッパースタンド」を今日は作ります。

このドリッパースタンド、パーツがバラバラにできるので、キャンプや旅行先でも使用できます。

注意点は、ドリッパーの部分に、ガラス製ロートを使用しているという点です。

それ以外は、とても味のあるドリッパースタンドで、インテリアにもぴったりです。

費用は、足場板2000円弱。エルボ70円。チーズ180円。銅管750円でした。たったの3000円ポッキリでドリッパースタンドができるので、余裕のある方は作ってみてください!

コーヒードリッパースタンドを5つのアイテムでつくる

必要なアイテムは、5つです。

  • 足場板
  • 銅管
  • エルボ( 90°)
  • チーズ
  • ガラス製ロート

エルボやチーズはホームセンターで簡単に手に入ります。銅管も必要なんですが、直線のものを購入しましょう。曲線の銅管もあるのですが、直線にするのに苦労するからです。

ガラス製ロートは、アマゾンで購入したほうが安いです。

2020年4月16日現在で、659円です。安いです。

足場板もホームセンターで購入します。

ドリッパースタンドの制作方法

5つのアイテムを購入したら、次はドリッパースタンドを制作していきます。

あ、足場板を切る写真を忘れました。。。

足場板の大きさは、幅250×奥行き120mmに切り出します。

次に、写真のように、ドリルドライバーかインパクトドライバーで銅管を差す穴を開けましょう。


15mm径のボアビットで開けます。深さ20mmぐらいまで開けましょう。

⚠ほんとうは、この段階で、ニスを塗ればキレイに仕上がるのですが、今回はニスをすっ飛ばしておりますw

では、銅管の作業に入りますw

じつは、地域のホームセンターに直線の銅管がなくて困っていました。

写真のように、バーナーで炙れば、まっすぐになるだろう

ペンチでなんとかまっすぐになるだろうと思っていました。

が、しかし、なんのことはない。ただ手の力で、まっすぐにすることができました。ほらね、写真のように。

まっすぐにしたら、ディスクグラインダーで切断していきます。

この作業は危険なので、十分に注意してくださいね。写真の銅管が少し曲がっているのは、目をつぶってくださいwww

あ、切断の長さは、2つ。

190mmと90mmです。切断したら、先端を少し叩きます。これで足場板に開けた穴に入りやすくなります。

エルボとチーズと銅管、足場板を組み合わせると、このようなコーヒードリッパースタンドができます。

あとは、これにガラス製ロートを差すだけで、コーヒードリッパースタンドの出来上がりです。

足場板が汚いんですけど、サンダーを使って磨き、水性のニスを塗ればいい感じに仕上がるはずです。

じゃじゃーん。

これで、見た目は悪くとも、コーヒードリッパースタンドの出来上がりです。

もっとインテリアにもなるようなコーヒードリッパースタンドを作りたい方は、この作業のほかに、足場板にサンダーをかける。水性のニスを塗る。などすれば、インテリアにもなるコーヒードリッパースタンドができることでしょう。