前回の記事は読んでいただけましたか?

こちらです。

今日も、このコーヒーミルを使います。

挽いたコーヒー豆を、もっとおいしくする方法があります。

それは、微粉セパレーターと呼ばれる物で、ミルで挽いたコーヒー豆から微粉を取り除く方法です。

微粉を取り除いからコーヒーを淹れると、ミルで挽いたそのままのコーヒーよりも、えぐみが減りすっきりとした味わいになります。

ちょっとした工夫で、自分で挽いたコーヒー豆がもっとおいしくなるので試してみてください。

材料はダイソーの2つの商品で出来ます

  • ステンレス製深型茶こし(直径約65mm)
  • ガラスジャー(400ml)

ステンレス製深型茶こし(直径約65mm)

ガラスの容器でもプラスチックの容器でも大丈夫ですが、ガラスに文字と模様が彫ってあるこの商品がキレイだったので、これにしました。

特にこだわりがなければ、茶こしが合う容器ならなんでもいいです。ダイソーには、65mmはもちろん、深型は60mmから75mmもありますし、茶こしにあった容器を選んでください。

ステンレス製深型茶こし(直径約65mm)

深型で網目が細かいですね。

では、制作してみましょう!

なんということでしょう〜

あっという間に、出来上がり〜

制作期間30秒で、微粉セパレーターは出来てしまうのです。

あ、30秒もかかっていないか…。

ま、「チッチャイことは気にするな! それ! ワカチコ!ワカチコ! by ゆってい」ってことで笑

このカンタンに出来た「微粉セパレーター」に、昨日の「ダイソー製コーヒーミル」で挽いたコーヒーを入れてみたいと思います。

豆の粒度は、「中挽き」か「粗挽き」がいいです。細挽きでは茶こしからコーヒー粉が落ちてしまうので、効果が得られないかもしれないからです。

今日は、中挽きで挽きます。

ティースプーン1杯回しきったコーヒー粉を、微粉セパレーターに移し、あとは「フリフリ」します。

結構落ちてきましたね。

これで、微粉を取り除いたコーヒー粉の出来上がりです。

茶こしに残ったこのコーヒー粉を使います。

落ちた微粉は使いません。

落ちた方は、雑味があったり、苦味があったりするので、使えません。

ちょっとした工夫で、おいしいコーヒーが淹れられるのです。

たった200円で、おいしくなるので、さっそく明日にでもダイソーにレッツゴーして「微粉セパレーター」を作ってみてくださいっ!

さ、おいしいコーヒーを召し上がれっ笑