2020年6月21日は二十四節気の「夏至」。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い。

日本から日食が見られるのは昨年の12月26日以来、約半年ぶりとなります。

部分日食とは、月が太陽の前を横切るとき、月によって太陽の一部が隠される現象です。

昨日20日の都城地方は日中は曇に覆われ、夕方までの最高気温は25.3℃と、比較的過ごしやすかったです。

今日も、朝から曇りが広がり、薄暗い天気です。

12時から18時の降水確率も40%と、これは残念な結果(部分日食が見られない)になるのかなぁと心配になりますよね。

しかし、雨雲レーダーを見てみると、チャンスがありそうです。

7時間後の雨雲を見てください!(9時から7時間後なので、16時ですよね)

雲が全然ないですよっ!

これは見られるチャンスですねっ!

気になる部分日食が都城で見られる時間

九州地方では、福岡が15時59分頃から、沖縄も同じで15時59分頃からなので、宮崎県(都城)でも同じ時間帯で考えて大丈夫でしょう。もし心配なら、もうちょっと前からスタンバイしておきましょう。

《福岡》  

食の始め  15時59分頃  

食の最大  17時09分頃  

食の終わり 18時11分頃  

《那覇》  

食の始め  15時59分頃  

食の最大  17時16分頃  

食の終わり 18時23分頃

観測には日食グラスが必須

日食を観測する際は、必ず日食グラスなど太陽観測用の減光フィルターを用いた道具を使うようにしましょう。

*この日食グラス、100均でも購入できるようです。

国立天文台によると、黒下敷きやサングラスも危険なので、絶対にしないでくださいとのことです。

肉眼での観測では、少しの間の観測でも目を痛める恐れがあります。

しっかりと準備して部分日食を観察しましょう。